社会貢献・普及活動

HOME  >  社会貢献・普及活動  >  Vリーグジュニア選手権大会  >  2019Vリーグジュニア選手権大会

2019Vリーグジュニア選手権大会

Vリーグ機構では、バレーボール競技者人口減少への対策として、また未来のVリーガーを数多く育てる施策として、2015年より『Vリーグジュニア選手権大会』を開催しております。今回の第5回大会からは、女子大会も開催いたします。また現役のⅤリーグ選手を講師に迎え、参加選手たちへの指導、またはコミュニケーションをとることにより、参加選手がよりⅤリーグへの意欲を高めることに期待するとともに、本大会が選手の憧れとなるような大会となることを目指しています。
※本大会は、スポーツ振興くじ助成金を受けて開催する予定です。

開催概要
日程 2019年8月24日(土)・25日(日)
主催 一般社団法人 日本バレーボールリーグ機構
共催 公益財団法人 日本バレーボール協会
協賛 株式会社 ミカサ
主管 2019Vリーグジュニア選手権大会実行委員会
後援 岐阜県バレーボール協会
協力 アシックスジャパン株式会社、ミズノ株式会社、デサントジャパン株式会社
会場 岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム・ふれ愛ドーム)
出場チーム パンサーズジュニア、 サンダーズジュニア広島、 アローズジュニア、 サンバーズジュニア、 ウルフドッグス名古屋ジュニア、 堺ジュニアブレイザーズ、 JTEKT STINGS JUNIOR、 FC東京ジュニア、 大分三好ヴァイセアドラージュニア、 VC長野トライデンツジュニア、 埼玉アザレアジュニア、 Sun GAIA Jr.ユース、 ガロンズジュニア、 兵庫デルフィーノジュニア、 西濃ジュニア(岐阜県)、 ヴィクトリーナ姫路ジュニア、 ブルーキャッツジュニア男女、 ヴィアティン三重ジュニア男女、 サフィルヴァ北海道ジュニア男女 以上、 男子18チーム、女子4チーム

試合結果

ウルフドッグス名古屋ジュニア 堺ジュニアブレイザーズ
3位JTEKT STINGS JUNIOR
4位パンサーズジュニア
5位兵庫デルフィーノジュニア
6位サンバーズジュニア
7位アローズジュニア
8位西濃ジュニア
9位VC長野トライデンツジュニア
10位サフィルヴァ北海道ジュニア男子
11位ブルーキャッツジュニア男子
12位Sun GAIA Jr.ユース
13位埼玉アザレアジュニア
14位ヴィアティン三重ジュニア男子
15位ガロンズジュニア
16位サンダーズジュニア広島
17位FC東京ジュニア
18位大分三好ヴァイセアドラージュニア

試合詳細

予選リーグ星取表

Aグループ

Bグループ

Cグループ

順位決定戦星取表( ※カッコ内は全体順位 )

Dグループ

Eグループ

Fグループ

順位決定戦結果

優勝決定戦
3位・4位決定戦

優秀選手賞

大会実行委員が大会を通して活躍した18名を選出。

パンサーズジュニア日野 太樹
サンバーズジュニア吉田 怜真
堺ジュニアブレイザーズ村瀬 仁巨良主
JTEKT STINGS JUNIOR伊藤 蒼眞
ウルフドッグス名古屋ジュニア平松 陸哉
兵庫デルフィーノジュニア高田 陸生
西濃ジュニア中野 楓月
VC長野トライデンツジュニア中村 陽翔
アローズジュニア廣瀬 那将
サフィルヴァ北海道ジュニア男子二川 颯斗
ブルーキャッツジュニア男子本 琉来
Sun GAIA Jr.ユース向囿 裕翔
埼玉アザレアジュニア伊藤 世真
ヴィアティン三重ジュニア男子近藤 悠斗
ガロンズジュニア坂田 匠
FC東京ジュニア坂本 陸也
大分三好ヴァイセアドラージュニア東 和輝
サンダーズジュニア広島丹羽 拓真

競技方法

【男子】

○ 8月24日(土)

①男子出場18チームをA・B・Cの3グループに分けて、6チームによる1回戦総当たり方式のグループリーグ戦を行う。

②グループリーグ戦は15点2セットマッチにて行う。

③順位はポイント制を導入し、試合結果により次のポイントを付与する。

条件 ポイント
「2-0」での勝利 3点
「1-1」での引き分け 1点
「0-2」での敗戦 0点
○ 8月25日(日)

①24日のグループリーグ戦の順位に基づき、3グループに分かれグループ戦を行う。
A・B・Cグループの1位と2位チームはDグループに、3位と4位チームはEグループに、5位と6位チームはFグループに入り、対戦をしていないチームと試合をし、各グループで順位を決定する。

②Dグループのみグループ順位に基づき、順位決定トーナメントを行う。
Dグループの1位と2位チームは優勝決定戦に、Dグループの3位と4位のチームは3位~4位決定戦にそれぞれ進出し、最終的な順位を決定する。

③順位決定トーナメントは25点3セットマッチにて行う。(3セット目は15点制)

○ 両日共通

①デュースとなった場合、2点差をつけた方がセットを獲得できる。

②24日の第3試合目以降の試合開始時間は、前の試合終了後すぐ、プロトコールから開始する。プロトコールは11分とし、練習はお互いのチーム間で話し合い決める。

③24日(土)第1試合開始10:30~、25日(日)第1試合開始9:00~とする。

試合結果

ブルーキャッツジュニア女子 ヴィクトリーナ姫路ジュニア
3位ヴィアティン三重ジュニア女子
4位サフィルヴァ北海道ジュニア女子

試合詳細

グループ戦星取表

順位決定戦結果

優勝決定戦
3位・4位決定戦
1位~4位決定戦

優秀選手賞

大会実行委員が大会を通して活躍した4名を選出。

ブルーキャッツジュニア女子奥平 美空
ヴィクトリーナ姫路ジュニア高濱 日菜穂
サフィルヴァ北海道ジュニア女子柏谷 蘭瑠
ヴィアティン三重ジュニア女子池田 涼風

競技方法

【女子】

○ 8月24日(土)

①女子出場4チームによる1回戦総当たり方式のグループリーグ戦を行う。

②グループリーグ戦は15点2セットマッチにて行う。

③順位は男子大会と同様のポイント制を導入する。

○ 8月25日(日)

①24日のグループリーグ戦の順位に基づきトーナメント戦を行い、1位と4位チーム、2位と3位チームがそれぞれ対戦する。

②上記の試合の勝利チーム同士と敗者チーム同士が、順位決定トーナメントを行う。
勝利チームは優勝決定戦に、敗者チームは3位~4位決定戦に進出し、最終的な順位を決定する。

③25日(日)からは25点3セットマッチにて行う。(3セット目は15点制)

○ 両日共通

①デュースとなった場合、2点差をつけた方がセットを獲得できる。

②24日の第3試合目以降の試合開始時間は、前の試合終了後すぐ、プロトコールから開始する。プロトコールは11分とし、練習はお互いのチーム間で話し合い決める。

③24日(土)第1試合開始10:30~、25日(日)第1試合開始9:00~とする。

2015 2016 2017 2018